レンダリング

レンダリングは陰面消去、反射特性、シェーディングなどの処理を行うことでモデルに写・タ的な表現を付与しています。 現在のCGHでは、レンダリング技術の研究が乏しく、CGのように綺麗で写実的な映像を作り出すのは困難となっています。 そこで綺麗な立体像を再生するために、CGHにおけるレンダリング技術の確立へ向けて研究を行っています。 我々のグループでは、陰面消去技術や、物体の質感を表現する反射特性の研究を行ってきました。 近年では特に反射特性に関して力を入れており、物体表面の形状を制御して反射特性を生成する手法について研究しています。 将来的に、CGのように様々な材質を表現することを目指しています。