多視点画像からのホログラム作成

計算機合成ホログラムでは、計算機上に用意され・ス仮想物体のデータから物体光を計算します。 そのため実物体をホログラムにする場合には物体をモデリングして計算機上の物体データにする必要がありますが、複雑な物体を正確にモデリングすることは困難です。
そこで本研究室では、一般的なカメラを用いて撮影した多視点画像からホログラムを合成する研究を行っています(多視点画像とは、対象となる物体を様々な視点から撮影した画像群のことです)。 多視点画像からホログラムを合成する方法としては、画像から直接光波分布を計算する方法などがあり、本研究室では様々な手法を研究しています。