フォービエイテッドレンダリング

人間の目は垂直方向135°、水平方向160°の範囲を見ることができますが、実際に映像の詳細を認識できる範囲は5°の中心円内部程度であると言われています。 このような網膜領域の中心視野を中心窩と呼び、網膜における受容体および神経節密度の減少のために、人間の眼の視力は中心視線方向からの角度距離の増加と共に急速に低下することになります。 3Dヘッドマウントディスプレイにおいては、この特徴を利用して周辺領域の画像解像度を下げることで、観察者に劣化を認識させないような高速計算を実現するフォービエイテッドレンダリングの研究が進められています。 そこで私たちはCGHにこの発想を適用し、角度可変レイトレーシング法を用いたフォビエティドレンダリングによるCGH高速計算のための新しい方法を提案しました。